デザインワーク前段階の企画・構成手順

企画構成の手順

1.ミッション(目的)を明確に。

まずはミッションが大事ですね。今回販促物を作る目的や意味をはっきりさせる。新規開店のお店であれば、新規客の獲得がミッションでしょうし、顧客とのコミュニケーションツール作成であれば有意義な情報などを掲載しリピートを促したいところです。

2.ウリを熟考する。

次に競合他社との差別化を行うUSP(セールスポイント)を熟考します。ドミノピザなら“熱々のピザを30分以内にお届け”のようなウリを考えます。そこまでのUSPはないよ!というお客様も一番自信を持った商品ないし作業があるはずです。はたまた人柄かもしれませんし。日頃お付き合いのある得意先様に取引理由を聞いてみる!という方法もあります。思わぬ理由が隠れているかもです。

3.ターゲットを決める。

続いて、販促物を届ける先(ターゲット)を決めます。年代や性別、あるいは一定のファンに対する宣伝物なのか、幅広い層への訴求なのか。フランス料理店でいえば通例高級感が必要になりますが、ランチ営業の告知となるともう少し若い層へ訴求を考え、カジュアルな要素を取り入れるなども考えられます。

4.デザインコンセプトを決める。

最後にデザインコンセプトを決めます。デザインコンセプトは紙面から伝わる印象の部分で全体の方向性を決める大事な項目です。コーポレートカラー(企業色)や、明暗、固い柔らかいなど、先のターゲットに響くデザイン指針を打ち立てます。

これらのステップを踏まえた上で実際に掲載する文言や写真を準備します。出来上がった原稿をデザイン事務所へ入稿します。弊社では一緒に考える事もできますし、丸振りもできます^^

▶デザインワーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です