濃密訴求と長期効果の雑誌広告

雑誌広告デザインマス4媒体の1角【雑誌】 編集ページ(読み物)が存在し、読者自ら興味関心が高い特定ジャンルの雑誌を購入するので、不特定多数への乱れ打つ広告媒体に比べコアターゲットへ無駄なく濃密訴求が可能です。また、保存期間は新聞広告の1日に比べ、雑誌広告は月刊で1ヶ月、MOOKなら数ヶ月から数年と長期保存の傾向にあるため複数回の広告接触が期待できます。カラー1ページの通常サイズだけでなく、1ページの1/3スペースや、その雑誌とリンクさせた記事広告展開でより自然で効果的な訴求が可能です。インターネットは無限の情報量がある反面、無料がゆえの大量情報提供による埋没。かつ検索サイトの上位表示は困難を極めます。ある程度カテゴライズされた信頼性の高い雑誌媒体での情報提供も考え方のひとつです。

▶京都のホテルやお土産店に向けた記事風広告もございます。お問合せください。